読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカード 何を基準に決めますか?

クレジットカード
dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s.jpg
市場には、様々な種類のクレジットカードが存在しているが、あなたは何を基準に決めていますか? 日本の有名企業であればどこのブランド関係なくVISA, MASTER, JCB,American Express, Dinersなどすべて使える感じがします。
一個人、私がクレジットカードを申し込む際に何を重視しているのかお話ししたい。
考察すべき項目
  1. 還元率。私が持っているカードで一番高いのは2% リクルートカードプラスカード
  2. 交換先。何に交換できるのか。リクルートカードプラスはリクルートポイントが貯まる。ポンパレモールやローソンなどで使える。JALマイルに交換した場合、2%の半分1%となる。通常のJALカードと同じだから十分価値がある。現金との交換は可能か?など調べてみる必要がある
  3. 年会費。高くなれば、付帯するサービスが良くなる。リクルートカードプラスは年会費2160円。年間通してそんなに使わない場合、年会費無料還元率1.2%のリクルートカードの方が還元率が良い。
  4. 電子マネーのチャージでポイントが貯まるカードであるかどうか。リクルートカードプラスはnanacoにチャージのできる数少ないカードの1つである。なお、リクルートカードは楽天edynanacoなどに交換することができる。※リクルートカードプラスのnanacoチャージに2016年9月16日よりポイントが貯まらなくなる。
  5. 入会時のキャンペーン。入会時に多くのポイントの特典など稼ぐことができるクレジットカードが多くある。
  6. ポイントを交換する際の最低ポイント数。ポイントの交換のしやすさ。リクルートポイントは1p交換可能である。
還元率ばかりに気をとられて、ポイントの交換のしやすさを忘れて、自分が必要なポイントに交換できないなんてことをしてほしくないものだ。最近感じるのは、◯ャックスのカードですがこっそり太郎は今までに2枚使っている(一枚は解約済み)が、還元率が高いにこしたことはないが、そのカードが不要になったときに余ったポイントをうまく交換できないなんてことがあった。なので、6は入会する際には還元率など目先だけにとらわれないで考えてほしいものである。
それらを考慮に入れた上で、クレジットカードを作ることを決めたなら、上記5のカード会社が提供しているキャンペーン入会特典の他に貯まるポイントがある。インターネットでクレジットカードに入会することに限るし、多くのポイントを貯めることができる。
それが、ハピタスというポイントサイト。ここを経由して欲しい。ここからなら、何千、何万ポイントとクレジットカードを発行するだけでもらえる。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタスの特徴 
  • ポイントの還元率が高い
  • クレジットカードの案件が多い
  • 現金にも交換可能である
  • 150万人の会員数、信頼性がある
登録されていない方は会員登録料はもちろん無料で、上のリンクより登録されれば3/31までAmazonギフト券500円分が当たりますね。
クレジットカードを発行する時は、これだけが考察のポイントではないと思いますが、参考になれば嬉しい。